「他人に踊らされたくないのなら、疑う力を鍛えなさい」武田邦彦著

公開日: 更新日:

 男性の喫煙率が85%あったとき、肺がんで亡くなる人は年間約1万人だった。ところが、それが30%を切ったにもかかわらず、現在、肺がんで8万人が亡くなっている。それでも「たばこの煙で肺がんになる」と多くの人が信じ込んでいる。

 太陽光発電は「再生可能エネルギーで良い電力」と喧伝されているが、大切なのは太陽光で発電するのが効率的かどうかであり、現代のエネルギー理論「できるだけ集中しているエネルギーが良いエネルギー」という原理原則に照らし合わせても、不安定な太陽光は理にかなわない。価格も石炭火力の4倍になるという。

 メディアから科学技術まで思い込みや偏見により我々が「何にだまされているか」のデータを示しながら解説した、目からウロコの面白読み物。

(ぶんか社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る