「幕末ダウンタウン」吉森大祐著

公開日:  更新日:

 新選組隊士となった播磨精次郎は、四条大橋で旧知の噺家、桂文枝に声をかけられた。大阪でバクチの借金のかたに自分のネタを質に入れてしまったので、京に流れてきたという。剣の腕に自信がない精次郎は寄席で情報をつかんで手柄を立てようとする。花街を題材にした物マネで人気の女芸人、松茂登に一目惚れするが、彼女は新選組が狙っている長州藩士とつながりがありそうだ。

 文枝に勧められて精次郎は芸人を装うことになり、播磨名物の太神楽を披露するが、……ウケない。客にやじられてキレた精次郎が怒鳴り返すとそのキレ芸が受けて、松茂登とコンビを組むことに。

 芸人になった新選組隊士を描く幕末エンターテインメント。(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る