• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「幕末ダウンタウン」吉森大祐著

 新選組隊士となった播磨精次郎は、四条大橋で旧知の噺家、桂文枝に声をかけられた。大阪でバクチの借金のかたに自分のネタを質に入れてしまったので、京に流れてきたという。剣の腕に自信がない精次郎は寄席で情報をつかんで手柄を立てようとする。花街を題材にした物マネで人気の女芸人、松茂登に一目惚れするが、彼女は新選組が狙っている長州藩士とつながりがありそうだ。

 文枝に勧められて精次郎は芸人を装うことになり、播磨名物の太神楽を披露するが、……ウケない。客にやじられてキレた精次郎が怒鳴り返すとそのキレ芸が受けて、松茂登とコンビを組むことに。

 芸人になった新選組隊士を描く幕末エンターテインメント。(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る