• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドクター・メフィスト消滅の鎧(アーマー)」菊地秀行著

 魔界都市・新宿のメフィスト病院に奇怪な患者が搬送されてきた。その患者はベッドに移された途端、泡となって消えてしまったのだ。同時刻、区内のいたるところで泡沫化現象が発生。翌日、区長の梶原は、この疾病でかつてある都市が滅亡したと聞き絶句、メフィストに対策を要請する。この泡化病の原因と治療法、そして兵器としての応用法を得ようと各国の極秘調査団が新宿に潜入しようと動きだす。

 そんな中、メフィストは素手で重機を吹き飛ばす男と出会う。男が体内に取り込んだ「鎧」によって泡沫化現象から免れたと聞いたメフィストは、師の魔道士ファウストが新宿に現れたことに気づく。

 魔界都市消滅の危機に立ち向かうメフィストを主人公にした超伝奇小説。(祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る