「悪だくみ」森功著

公開日:  更新日:

 著者は「文藝春秋」などで学校法人加計学園の獣医学部新設問題、いわゆる「加計学園問題」を追及してきたノンフィクション作家。「総理のご意向」という文書の存在が明らかになり、安倍首相の「説明責任」が注視されたが、解散・総選挙でその責任はうやむやになった。

 著者は粘り強く取材を続け、この横紙破り的な獣医学部新設というレールを誰が敷き、そこで何が起きていたのかを明らかにしていく。

 安倍と加計学園理事長・加計孝太郎は、南カリフォルニア大学に留学していたときの同窓生で40年来のつきあいがある「腹心の友」。加計学園は獣医学部新設をかねて切望していたが、それを阻んでいたのが文科省の規制。

 そこへ誕生したのが第2次安倍内閣で、文科相に就いたのが「安倍四天王」の下村博文。加計は下村とも交遊を深め、さらには安倍昭恵、下村今日子の2人の夫人にも後ろ盾を要請する。

 ここから見えてくる構図は明らかだ。1強と呼ばれる安倍内閣の権力の核心を突く、問題の書。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る