「悪だくみ」森功著

公開日:  更新日:

 著者は「文藝春秋」などで学校法人加計学園の獣医学部新設問題、いわゆる「加計学園問題」を追及してきたノンフィクション作家。「総理のご意向」という文書の存在が明らかになり、安倍首相の「説明責任」が注視されたが、解散・総選挙でその責任はうやむやになった。

 著者は粘り強く取材を続け、この横紙破り的な獣医学部新設というレールを誰が敷き、そこで何が起きていたのかを明らかにしていく。

 安倍と加計学園理事長・加計孝太郎は、南カリフォルニア大学に留学していたときの同窓生で40年来のつきあいがある「腹心の友」。加計学園は獣医学部新設をかねて切望していたが、それを阻んでいたのが文科省の規制。

 そこへ誕生したのが第2次安倍内閣で、文科相に就いたのが「安倍四天王」の下村博文。加計は下村とも交遊を深め、さらには安倍昭恵、下村今日子の2人の夫人にも後ろ盾を要請する。

 ここから見えてくる構図は明らかだ。1強と呼ばれる安倍内閣の権力の核心を突く、問題の書。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る