• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悪だくみ」森功著

 著者は「文藝春秋」などで学校法人加計学園の獣医学部新設問題、いわゆる「加計学園問題」を追及してきたノンフィクション作家。「総理のご意向」という文書の存在が明らかになり、安倍首相の「説明責任」が注視されたが、解散・総選挙でその責任はうやむやになった。

 著者は粘り強く取材を続け、この横紙破り的な獣医学部新設というレールを誰が敷き、そこで何が起きていたのかを明らかにしていく。

 安倍と加計学園理事長・加計孝太郎は、南カリフォルニア大学に留学していたときの同窓生で40年来のつきあいがある「腹心の友」。加計学園は獣医学部新設をかねて切望していたが、それを阻んでいたのが文科省の規制。

 そこへ誕生したのが第2次安倍内閣で、文科相に就いたのが「安倍四天王」の下村博文。加計は下村とも交遊を深め、さらには安倍昭恵、下村今日子の2人の夫人にも後ろ盾を要請する。

 ここから見えてくる構図は明らかだ。1強と呼ばれる安倍内閣の権力の核心を突く、問題の書。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る