「男のララバイ」原荘介著

公開日: 更新日:

 ギターの弾き語りをしている著者は42歳のとき、にっぽん丸で開催された洋上レジャー大学でギターの講師をした際、作曲家の中村八大と知り合いになった。その後、一緒にヨーロッパに行ったとき、パリのホテルでコンサートをやることに。

 著者が「スターダスト」を弾いた後に中村のピアノが入る予定だったのに、ステージに中村がいない! 他の者が捜しに行ったら、中村は自室でイギリスのテレビ番組を見ていた。フランスとは1時間時差があるので、画面に表示されている時刻を見てまだ大丈夫と思っていたという。

 ほかに森繁久弥、川内康範ら、著者に大きな影響を与えた人たちのエピソードをつづったエッセー。(藤原書店 2800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る