• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「考える力がつく本」池上彰著

 テレビでお馴染みの著者が、考える力が身につく独自のノウハウを公開した自己開発テキスト。

 そもそも「考える」とは、自分の中にある情報(インプット)をもとに、自分なりの結論(アウトプット)を導き出す作業。ゆえに考える力を養うには、何はともあれ本や新聞を読むなどインプットが不可欠だ。その際に「移民」と「難民」といった「似た言葉の定義をはっきりさせる」、ニュースなどでは「利害関係を考えることで見えてくることもある」など、考える癖をつける方法を伝授。

 さらに相関図やベン図などを駆使して何でも図解で理解を深める方法や、新聞や本の読み方、ネット・テレビの見方など具体的にアドバイス。一方で著名人との対談を通し、人生と読書について語る。(小学館 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る