• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「考える力がつく本」池上彰著

 テレビでお馴染みの著者が、考える力が身につく独自のノウハウを公開した自己開発テキスト。

 そもそも「考える」とは、自分の中にある情報(インプット)をもとに、自分なりの結論(アウトプット)を導き出す作業。ゆえに考える力を養うには、何はともあれ本や新聞を読むなどインプットが不可欠だ。その際に「移民」と「難民」といった「似た言葉の定義をはっきりさせる」、ニュースなどでは「利害関係を考えることで見えてくることもある」など、考える癖をつける方法を伝授。

 さらに相関図やベン図などを駆使して何でも図解で理解を深める方法や、新聞や本の読み方、ネット・テレビの見方など具体的にアドバイス。一方で著名人との対談を通し、人生と読書について語る。(小学館 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る