「考える力がつく本」池上彰著

公開日:  更新日:

 テレビでお馴染みの著者が、考える力が身につく独自のノウハウを公開した自己開発テキスト。

 そもそも「考える」とは、自分の中にある情報(インプット)をもとに、自分なりの結論(アウトプット)を導き出す作業。ゆえに考える力を養うには、何はともあれ本や新聞を読むなどインプットが不可欠だ。その際に「移民」と「難民」といった「似た言葉の定義をはっきりさせる」、ニュースなどでは「利害関係を考えることで見えてくることもある」など、考える癖をつける方法を伝授。

 さらに相関図やベン図などを駆使して何でも図解で理解を深める方法や、新聞や本の読み方、ネット・テレビの見方など具体的にアドバイス。一方で著名人との対談を通し、人生と読書について語る。(小学館 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る