「95歳まで生きるのは幸せですか?」瀬戸内寂聴・池上彰著

公開日: 更新日:

 誰もが感じる、長生きへの疑問について波瀾万丈の人生を送ってきた95歳の作家にジャーナリストの池上彰が「老後の心構え」を聞いた一冊。

「年を自覚するのは昨日できたことが今日できなくなったとき」「お釈迦さまは死後の世界や霊魂について弟子に聞かれても『役に立たないから答えない』と断っていた」「いつ死んでも悔いがないよう日々を大切に生きる」「人間は、ある程度、体力がなくなったら死んでいくべきなんです」「90歳過ぎると、次から次へといろいろなところが弱ってくる。だから90歳になる前に死ねたらいいわね」など、率直な考えがつづられている。

 高齢者はもちろん、彼らに接する人は読んでいて損はない作品。

(PHP新書 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る