「95歳まで生きるのは幸せですか?」瀬戸内寂聴・池上彰著

公開日:  更新日:

 誰もが感じる、長生きへの疑問について波瀾万丈の人生を送ってきた95歳の作家にジャーナリストの池上彰が「老後の心構え」を聞いた一冊。

「年を自覚するのは昨日できたことが今日できなくなったとき」「お釈迦さまは死後の世界や霊魂について弟子に聞かれても『役に立たないから答えない』と断っていた」「いつ死んでも悔いがないよう日々を大切に生きる」「人間は、ある程度、体力がなくなったら死んでいくべきなんです」「90歳過ぎると、次から次へといろいろなところが弱ってくる。だから90歳になる前に死ねたらいいわね」など、率直な考えがつづられている。

 高齢者はもちろん、彼らに接する人は読んでいて損はない作品。

(PHP新書 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  7. 7

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

もっと見る