日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界史で読み解く現代ニュース〈宗教編〉」池上彰、増田ユリヤ著

 政治、経済、歴史などさまざまな視点から今のニュースを読み解いている池上彰氏。今回のテーマは「宗教」である。「ワイドスクランブル」(テレビ朝日系)のニュース解説コーナーでコンビを組む増田ユリヤ氏との共著だ。

「ニュースの背景に宗教があることは多いんです。例えば、イスラム国がなぜあんな蛮行を繰り返すのか。まさに現代に宗教原理主義の国を作ろうとしているわけです。彼らの狙いは、宗教を知らなければ理解できません」(池上氏)

 本書はイスラム教、キリスト教、ユダヤ教という3つの一神教を取り上げているが、その成り立ちや歴史は、現代社会に深く影響を与えている。

「いまニュースになっている現象を考えるとき、歴史の初期にまで遡って見る必要があります。イスラム教はスンニ派とシーア派で対立していますが、初期のムハンマドの後継者の決め方が宗派の分裂につながり、今日に至るまでの火種になっているのです」(増田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事