「経済学は人びとを幸福にできるか」宇沢弘文著、池上彰解説

公開日: 更新日:

■公共財としての社会的共通資本への転換を

 幸福とは何かを経済学の立場から考察した必読書がこれ。世界中のノーベル経済学賞受賞者から最も尊敬されている日本の経済学の泰斗である宇沢弘文は、経済学の本義たる「経世済民(世をおさめ、民をすくう)」の学の立場から、格差問題や原発問題の解決の糸口や、豊かさや幸福とは何かを示してくれる。

 早くから自動車等の環境問題に取り組み、ベトナム反戦運動にも携わった宇沢は、他者を押しのける市場原理主義ではなく、みなが利用できる公共財としての社会的共通資本を提唱している。池上彰の解説が付されており、分かりやすい。
(東洋経済新報社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る

人気キーワード