「経済学は人びとを幸福にできるか」宇沢弘文著、池上彰解説

公開日:  更新日:

■公共財としての社会的共通資本への転換を

 幸福とは何かを経済学の立場から考察した必読書がこれ。世界中のノーベル経済学賞受賞者から最も尊敬されている日本の経済学の泰斗である宇沢弘文は、経済学の本義たる「経世済民(世をおさめ、民をすくう)」の学の立場から、格差問題や原発問題の解決の糸口や、豊かさや幸福とは何かを示してくれる。

 早くから自動車等の環境問題に取り組み、ベトナム反戦運動にも携わった宇沢は、他者を押しのける市場原理主義ではなく、みなが利用できる公共財としての社会的共通資本を提唱している。池上彰の解説が付されており、分かりやすい。
(東洋経済新報社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る