「経済学は人びとを幸福にできるか」宇沢弘文著、池上彰解説

公開日:  更新日:

■公共財としての社会的共通資本への転換を

 幸福とは何かを経済学の立場から考察した必読書がこれ。世界中のノーベル経済学賞受賞者から最も尊敬されている日本の経済学の泰斗である宇沢弘文は、経済学の本義たる「経世済民(世をおさめ、民をすくう)」の学の立場から、格差問題や原発問題の解決の糸口や、豊かさや幸福とは何かを示してくれる。

 早くから自動車等の環境問題に取り組み、ベトナム反戦運動にも携わった宇沢は、他者を押しのける市場原理主義ではなく、みなが利用できる公共財としての社会的共通資本を提唱している。池上彰の解説が付されており、分かりやすい。
(東洋経済新報社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る