「パンダ通」黒柳徹子・岩合光昭著

公開日:  更新日:

 パンダをこよなく愛する2人によるフォト文庫。

 小学校低学年のとき、カメラマンの叔父からアメリカ土産でもらったヌイグルミでパンダの存在を知った黒柳さんは、以来、パンダに夢中。前半は、1968年、ロンドン動物園で初めてパンダと対面したときの感動などをつづった黒柳さんのエッセーを収録。後半は、野生のパンダをはじめ、動物写真家の岩合氏と対談。アメリカの動物園で初めてパンダを撮影中、誤って落とした機材に興味を持ったパンダが駆け寄り、くわえて台無しにされてしまった話や、中国での野生のパンダ撮影のエピソードなどを岩合氏が披露。

 ページの合間には、これまで岩合氏が撮影してきた世界各地のパンダの写真を収録。上野のパンダ誕生でブーム再燃の今こそのお薦め本だ。(朝日新聞出版 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る