「パンダ通」黒柳徹子・岩合光昭著

公開日:  更新日:

 パンダをこよなく愛する2人によるフォト文庫。

 小学校低学年のとき、カメラマンの叔父からアメリカ土産でもらったヌイグルミでパンダの存在を知った黒柳さんは、以来、パンダに夢中。前半は、1968年、ロンドン動物園で初めてパンダと対面したときの感動などをつづった黒柳さんのエッセーを収録。後半は、野生のパンダをはじめ、動物写真家の岩合氏と対談。アメリカの動物園で初めてパンダを撮影中、誤って落とした機材に興味を持ったパンダが駆け寄り、くわえて台無しにされてしまった話や、中国での野生のパンダ撮影のエピソードなどを岩合氏が披露。

 ページの合間には、これまで岩合氏が撮影してきた世界各地のパンダの写真を収録。上野のパンダ誕生でブーム再燃の今こそのお薦め本だ。(朝日新聞出版 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る