「遺言」瀧本邦慶著、聞き手/下地毅

公開日:  更新日:

 戦後73年を経て、第2次世界大戦を実体験として経験し、その実相を語ることのできる人が年々減っている。

 瀧本氏は17歳で海軍に志願し、空母「飛龍」に艦上機の整備兵として乗艦、1941年12月の真珠湾攻撃、42年のミッドウェー海戦に従軍。南太平洋のトラック諸島で敗戦を迎えた。そして、2008年から「戦争の生き残りとして、戦場の生き地獄ぶりを伝えたい」と語り部活動を始めた。

 文字通り死線をさまよい3度の奇跡で生き残った氏の言葉は一貫して“下っぱ目線”だ。いわく「命令通りの仕事をやるしかない」「偉い人は失敗の責任を取りません」。

 きな臭さの漂う現代の危うさに、一度は引退した瀧本氏が活動を再開、本書はその最後の遺言となる聞き書きである。

 (朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る