• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「増補新装版 優生保護法が犯した罪」優生手術に対する謝罪を求める会編

 ナチス・ドイツは優生学を盾に精神障害者などに強制的に断種手術を行ったが、日本でも、それも戦後に、優生保護法に基づき、ハンセン病患者や障害者に対して強制的に不妊手術が行われた。1946年生まれの飯塚さん(仮名)は父親が病気で、母親が働いて7人の子供を養っていた。民生委員が母親を嫌って十分な生活保護費を渡さず、生活は苦しかった。飯塚さんはこの民生委員によって知的障害がないのに知的障害者の施設に入所させられる。中学卒業後、住み込みで働いていた先の職親に診療所に連れていかれ、何も知らされずに不妊手術をされたという。優生手術被害者への謝罪と補償を求める運動の資料を加えた増補版。

(現代書館 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る