「宿命の戦記」髙山文彦著

公開日:  更新日:

 日本財団会長の笹川陽平は、1974年、笹川記念保健協力財団を設立。ハンセン病根絶を目標に掲げ、WHOに対して資金提供を始める。以後、40年間で202億円を拠出、同時にハンセン病の特効薬MDTの無料配布を実施するなどハンセン病の制圧活動に大きく貢献した。著者は笹川の制圧活動の旅に密着し、7年間に20カ国近く訪れた。本書はその記録である。

 インド、マラウイ、ブラジル、ウクライナ、キリバス……、世界を駆け巡る笹川は各地で強調する――ハンセン病は完治する病であり、間違った知識や偏見・差別をなくさなければならない。治療と差別の撤廃、これがハンセン病制圧の車の両輪であると。

 70歳を越えた笹川は過酷な旅をものともせず、各地のハンセン病施設を訪ね、患者たちに触れ合っていく。

 同行者である著者もまた、ハンセン病で早世した作家・北條民雄の評伝を書いて以来、この病に関心を抱いてきた。その2人の思いが合わさり、ハンセン病の現状を強く訴えかけてくる。(小学館 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る