「宿命の戦記」髙山文彦著

公開日:  更新日:

 日本財団会長の笹川陽平は、1974年、笹川記念保健協力財団を設立。ハンセン病根絶を目標に掲げ、WHOに対して資金提供を始める。以後、40年間で202億円を拠出、同時にハンセン病の特効薬MDTの無料配布を実施するなどハンセン病の制圧活動に大きく貢献した。著者は笹川の制圧活動の旅に密着し、7年間に20カ国近く訪れた。本書はその記録である。

 インド、マラウイ、ブラジル、ウクライナ、キリバス……、世界を駆け巡る笹川は各地で強調する――ハンセン病は完治する病であり、間違った知識や偏見・差別をなくさなければならない。治療と差別の撤廃、これがハンセン病制圧の車の両輪であると。

 70歳を越えた笹川は過酷な旅をものともせず、各地のハンセン病施設を訪ね、患者たちに触れ合っていく。

 同行者である著者もまた、ハンセン病で早世した作家・北條民雄の評伝を書いて以来、この病に関心を抱いてきた。その2人の思いが合わさり、ハンセン病の現状を強く訴えかけてくる。(小学館 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る