「宿命の戦記」髙山文彦著

公開日: 更新日:

 日本財団会長の笹川陽平は、1974年、笹川記念保健協力財団を設立。ハンセン病根絶を目標に掲げ、WHOに対して資金提供を始める。以後、40年間で202億円を拠出、同時にハンセン病の特効薬MDTの無料配布を実施するなどハンセン病の制圧活動に大きく貢献した。著者は笹川の制圧活動の旅に密着し、7年間に20カ国近く訪れた。本書はその記録である。

 インド、マラウイ、ブラジル、ウクライナ、キリバス……、世界を駆け巡る笹川は各地で強調する――ハンセン病は完治する病であり、間違った知識や偏見・差別をなくさなければならない。治療と差別の撤廃、これがハンセン病制圧の車の両輪であると。

 70歳を越えた笹川は過酷な旅をものともせず、各地のハンセン病施設を訪ね、患者たちに触れ合っていく。

 同行者である著者もまた、ハンセン病で早世した作家・北條民雄の評伝を書いて以来、この病に関心を抱いてきた。その2人の思いが合わさり、ハンセン病の現状を強く訴えかけてくる。(小学館 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る