「健太さんはなぜ死んだか」斎藤貴男著

公開日:  更新日:

 2007年、佐賀市で自閉症スペクトラムと軽い聴力障害のある安永健太さんが、不審者と間違われて警官たちに取り押さえられて死亡した。民事裁判の遺族側の上告理由書には「顔面を含む体中に傷を負い拷問にかけられたような姿で死亡した」と書かれているが、解剖の鑑定書では死因は「心臓性突然死」とされた。

 警官は「自分たちの警告に従わなかったから“精神異常者”だと判断した」と言う。全国の県警本部にはパンフレット「知的障害のある人を理解するために」が配布されていたが、警官は教養プログラムを受けたことはなかった。もし、健太さんが障害者でなかったら……。

 警官たちの「正義」を問うノンフィクション。(山吹書店 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る