「独走」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 柔道のオリンピック金メダリストの沢居は、スポーツ省強化局長の谷田貝に呼び出される。4年後のオリンピックで金メダルの倍増を目標に掲げる谷田貝は、陸上・長距離の高校生選手・仲島に注目。特別強化指定選手に選んだ仲島のサポート役を沢居に任せたいという。沢居の選手としてのメンタルの強さを見込んでの依頼らしい。仲島は、世界で十分に戦える素質を持っているが、メンタルの弱さが心配なのだそうだ。沢居がスポーツ省のスタッフとなってすぐに、仲島が記録会であっさりと日本記録を更新する。だが、沢居は快挙を喜ぶどころか、予定通りの走りができなかったと落ち込む仲島の予想以上のマイナス思考に戸惑う。

 エリートアスリートの葛藤を描くスポーツ小説。(実業之日本社 741円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る