「VTJ前夜の中井祐樹」増田俊也著

公開日: 更新日:

 大宅壮一賞受賞作「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」、そして小説「七帝柔道記」と3部作をなすスポーツノンフィクション。

 中井祐樹は、著者の北海道大学柔道部時代の後輩。大学から柔道を始め、北大伝統の寝技を身につけプロシューティングへと進んだ中井は、1995年、無差別級トーナメントのバーリ・トゥード・ジャパン・オープン95に出場し、片目を失明しながら、死闘を繰り広げる。表題作は、伝説となったその一戦と、そこに至るまでの中井の道のりを描く。その他、8年かけて古賀稔彦を破った柔道家・堀越英範の生きざまを描いた作品など、3作と対談を収録。

(イースト・プレス 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る