「他者という病」中村うさぎ著

公開日: 更新日:

 2013年、原因不明の病で入院した著者は、1度の心肺停止と2度の呼吸停止状態を経験。全身の硬直と痙攣、そして激痛に襲われたが、処方された薬「ホリゾン」で症状はやや改善する。一方で、この薬には脳に作用して人格を変えてしまうという副作用があった。本書は、当時「私が私でなくなっていく」という恐怖を抱きながら病と向き合った壮絶な記録。

「死」は突然襲ってくるブラックアウトだったという。そして今でも「あのときに死んでいればよかった」とたびたび思うという死生観にはじまり、車椅子生活でトイレの世話まで介護をしてくれる夫との絆、そして人格が崩壊するという恐怖など。

 渦中に記した文章に、それを読み返す現在の自分からの冷静な感想を添え極限体験とその体験による思索の旅をつづる。

(新潮社 490円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る

人気キーワード