「他者という病」中村うさぎ著

公開日:  更新日:

 2013年、原因不明の病で入院した著者は、1度の心肺停止と2度の呼吸停止状態を経験。全身の硬直と痙攣、そして激痛に襲われたが、処方された薬「ホリゾン」で症状はやや改善する。一方で、この薬には脳に作用して人格を変えてしまうという副作用があった。本書は、当時「私が私でなくなっていく」という恐怖を抱きながら病と向き合った壮絶な記録。

「死」は突然襲ってくるブラックアウトだったという。そして今でも「あのときに死んでいればよかった」とたびたび思うという死生観にはじまり、車椅子生活でトイレの世話まで介護をしてくれる夫との絆、そして人格が崩壊するという恐怖など。

 渦中に記した文章に、それを読み返す現在の自分からの冷静な感想を添え極限体験とその体験による思索の旅をつづる。

(新潮社 490円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る