「松本・梓川殺人事件」梓林太郎著

公開日:  更新日:

 安曇野署から松本署に異動になった刑事の道原は、同僚の志摩子と、前日に松本駅前で保護された4歳の男の子に話を聞きに行く。タケルと名乗ったその子は、母親に連れられ駅に行き、階段下で妹のサキと待っているように言われたと話す。

 しかし、トラックの荷台で遊んでいるうちに車が動き出し、気がついた運転手に駅に連れ戻されたらサキは消えていたという。兄妹の捜索願は出ておらず、道原は事件として捜査を開始。やがてタケル兄妹が母親・玲子と暮らしていた家が判明。しかし、玲子らの所在は分からない。さらに兄妹が妻子がいる建設会社の社員・相沢の子と分かる。

 ベテランの道原が北アルプスの玄関口で起きた動機の分からない不可解な連続拉致事件を追う長編ミステリー。 (光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る