「松本・梓川殺人事件」梓林太郎著

公開日:  更新日:

 安曇野署から松本署に異動になった刑事の道原は、同僚の志摩子と、前日に松本駅前で保護された4歳の男の子に話を聞きに行く。タケルと名乗ったその子は、母親に連れられ駅に行き、階段下で妹のサキと待っているように言われたと話す。

 しかし、トラックの荷台で遊んでいるうちに車が動き出し、気がついた運転手に駅に連れ戻されたらサキは消えていたという。兄妹の捜索願は出ておらず、道原は事件として捜査を開始。やがてタケル兄妹が母親・玲子と暮らしていた家が判明。しかし、玲子らの所在は分からない。さらに兄妹が妻子がいる建設会社の社員・相沢の子と分かる。

 ベテランの道原が北アルプスの玄関口で起きた動機の分からない不可解な連続拉致事件を追う長編ミステリー。 (光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る