「松本・梓川殺人事件」梓林太郎著

公開日: 更新日:

 安曇野署から松本署に異動になった刑事の道原は、同僚の志摩子と、前日に松本駅前で保護された4歳の男の子に話を聞きに行く。タケルと名乗ったその子は、母親に連れられ駅に行き、階段下で妹のサキと待っているように言われたと話す。

 しかし、トラックの荷台で遊んでいるうちに車が動き出し、気がついた運転手に駅に連れ戻されたらサキは消えていたという。兄妹の捜索願は出ておらず、道原は事件として捜査を開始。やがてタケル兄妹が母親・玲子と暮らしていた家が判明。しかし、玲子らの所在は分からない。さらに兄妹が妻子がいる建設会社の社員・相沢の子と分かる。

 ベテランの道原が北アルプスの玄関口で起きた動機の分からない不可解な連続拉致事件を追う長編ミステリー。 (光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る