日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「安芸広島 水の都の殺人」梓林太郎著

 広島から上京した若い女性が旅行作家の茶屋の事務所を訪ねてきた。水砂と名乗る女は、身に覚えのない母親殺しの罪で7年服役して3カ月前に出所したばかりだという。事件に興味を抱いた茶屋は、次の取材先を広島に決め、現地に向かう。7年前、ラブホテルで放火事件が起き、客の男女が焼死。その女性が水砂の母親の容子だった。

 警察は、ホステスとして働いていた19歳の水砂が、容子がラブホテルに入るのを目撃して逆上し放火に及んだと決めつけたという。水砂は裁判でも無実を主張したが、容疑を晴らすことができなかった。広島で当時の関係者を訪ね歩く茶屋に現地の警察から牽制が入る。

 茶屋が広島の冤罪事件の真相に切り込む人気旅情ミステリー最新刊。(祥伝社 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事