「安芸広島 水の都の殺人」梓林太郎著

公開日:  更新日:

 広島から上京した若い女性が旅行作家の茶屋の事務所を訪ねてきた。水砂と名乗る女は、身に覚えのない母親殺しの罪で7年服役して3カ月前に出所したばかりだという。事件に興味を抱いた茶屋は、次の取材先を広島に決め、現地に向かう。7年前、ラブホテルで放火事件が起き、客の男女が焼死。その女性が水砂の母親の容子だった。

 警察は、ホステスとして働いていた19歳の水砂が、容子がラブホテルに入るのを目撃して逆上し放火に及んだと決めつけたという。水砂は裁判でも無実を主張したが、容疑を晴らすことができなかった。広島で当時の関係者を訪ね歩く茶屋に現地の警察から牽制が入る。

 茶屋が広島の冤罪事件の真相に切り込む人気旅情ミステリー最新刊。(祥伝社 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る