「金沢 男川女川殺人事件」梓林太郎著

公開日:  更新日:

 旅行作家の茶屋は、顔なじみのホステス・夏見から相談を持ち掛けられる。一緒に暮らす作家の有森が2カ月前から行方不明だというのだ。3年前、24歳だった夏見は、72歳の作家・有森と客として知り合った。末期がんで余命2年と宣告された有森に請われ、同棲をしたが、有森は2年を過ぎても元気そうに見えたという。年賀状から有森の縁故を訪ね歩いた茶屋は、彼の故郷の金沢で49年前の事件を知る。当時、会社員だった有森の婚約者が町を流れる犀川で刺殺体で見つかったという。さらに16年後、未解決のその事件を追っていたライター2人が浅野川で不審死していた。

 人気紀行ミステリーシリーズ最新刊。(祥伝社 860円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る