「金沢 男川女川殺人事件」梓林太郎著

公開日: 更新日:

 旅行作家の茶屋は、顔なじみのホステス・夏見から相談を持ち掛けられる。一緒に暮らす作家の有森が2カ月前から行方不明だというのだ。3年前、24歳だった夏見は、72歳の作家・有森と客として知り合った。末期がんで余命2年と宣告された有森に請われ、同棲をしたが、有森は2年を過ぎても元気そうに見えたという。年賀状から有森の縁故を訪ね歩いた茶屋は、彼の故郷の金沢で49年前の事件を知る。当時、会社員だった有森の婚約者が町を流れる犀川で刺殺体で見つかったという。さらに16年後、未解決のその事件を追っていたライター2人が浅野川で不審死していた。

 人気紀行ミステリーシリーズ最新刊。(祥伝社 860円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る