「博多 那珂川殺人事件」梓林太郎著

公開日: 更新日:

 旅行作家・茶屋の事務所事務員、真紀が知人の深美を伴い出社してきた。聞くと、深美が1年前から交際していた男性が脳梗塞で入院中の病院から消えたという。糸島という名の男は、深美とはだいぶ年は離れており、身寄りがないのか、病院からの知らせで深美が世話をしていたという。糸島は、幸い病は軽かったが、まだ治療が必要な状態だった。深美は糸島の過去については何も知らず、彼の部屋にも手がかりはなかった。糸島が博多出身だと突き止めた茶屋は、那珂川の取材を兼ねて博多に向かう。糸島の家があった周辺で聞き込みをすると、彼が元警官で、娘がいたことが分かるが、翌日、那珂川で警官の遺体が発見される。

 人気旅情ミステリー「名川」シリーズ最新刊。

 (祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る