「博多 那珂川殺人事件」梓林太郎著

公開日:  更新日:

 旅行作家・茶屋の事務所事務員、真紀が知人の深美を伴い出社してきた。聞くと、深美が1年前から交際していた男性が脳梗塞で入院中の病院から消えたという。糸島という名の男は、深美とはだいぶ年は離れており、身寄りがないのか、病院からの知らせで深美が世話をしていたという。糸島は、幸い病は軽かったが、まだ治療が必要な状態だった。深美は糸島の過去については何も知らず、彼の部屋にも手がかりはなかった。糸島が博多出身だと突き止めた茶屋は、那珂川の取材を兼ねて博多に向かう。糸島の家があった周辺で聞き込みをすると、彼が元警官で、娘がいたことが分かるが、翌日、那珂川で警官の遺体が発見される。

 人気旅情ミステリー「名川」シリーズ最新刊。

 (祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る