「博多 那珂川殺人事件」梓林太郎著

公開日: 更新日:

 旅行作家・茶屋の事務所事務員、真紀が知人の深美を伴い出社してきた。聞くと、深美が1年前から交際していた男性が脳梗塞で入院中の病院から消えたという。糸島という名の男は、深美とはだいぶ年は離れており、身寄りがないのか、病院からの知らせで深美が世話をしていたという。糸島は、幸い病は軽かったが、まだ治療が必要な状態だった。深美は糸島の過去については何も知らず、彼の部屋にも手がかりはなかった。糸島が博多出身だと突き止めた茶屋は、那珂川の取材を兼ねて博多に向かう。糸島の家があった周辺で聞き込みをすると、彼が元警官で、娘がいたことが分かるが、翌日、那珂川で警官の遺体が発見される。

 人気旅情ミステリー「名川」シリーズ最新刊。

 (祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  9. 9

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る

人気キーワード