「越後・八海山殺人事件」梓林太郎著

公開日:

 早朝、安曇野市の国道で男性の遺体が見つかる。ひき逃げかと思われたが、遺体には刺し傷があり殺人事件と判明、安曇野署の刑事・道原らが捜査に乗り出す。被害者は建設会社で臨時社員として働く足立と分かる。足立は父の壮介と2人暮らしだった。隣人から足立が以前結婚していたと聞いた道原らは、元妻の千秋に会いに行く。千秋は結婚後、勝手口に猫の死骸などが置かれる嫌がらせが続き、怖くなって4年で離婚したという。足立に聞いても嫌がらせを受ける理由は教えてもらえなかったらしい。新潟出身の壮介一家が、なぜ40年前に安曇野に移住してきたのか、その理由を探るため道原らは新潟に向かう。

 人気旅情ミステリーシリーズ最新刊。(光文社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る