• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「越後・八海山殺人事件」梓林太郎著

 早朝、安曇野市の国道で男性の遺体が見つかる。ひき逃げかと思われたが、遺体には刺し傷があり殺人事件と判明、安曇野署の刑事・道原らが捜査に乗り出す。被害者は建設会社で臨時社員として働く足立と分かる。足立は父の壮介と2人暮らしだった。隣人から足立が以前結婚していたと聞いた道原らは、元妻の千秋に会いに行く。千秋は結婚後、勝手口に猫の死骸などが置かれる嫌がらせが続き、怖くなって4年で離婚したという。足立に聞いても嫌がらせを受ける理由は教えてもらえなかったらしい。新潟出身の壮介一家が、なぜ40年前に安曇野に移住してきたのか、その理由を探るため道原らは新潟に向かう。

 人気旅情ミステリーシリーズ最新刊。(光文社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る