「開ける男 鍵屋・圭介の解けない日常」本田久作著

公開日: 更新日:

 36歳の圭介は、鍵屋「岩谷フーディーニ商会」のただ一人の従業員。店舗兼住居で、憧れの唄子さんの娘・レミと息子・空とともに暮らしている。空は気に入らないことがあるとすぐにトイレに引きこもるため、そのたびに圭介はレミに頼まれトイレを開けなくてはならない。

 いつものようにトイレを巡り大騒ぎしていると、黒ずくめのスーツ男が店を訪ねてきた。男に連れられ、圭介がやってきたのは見るからにヤクザの事務所だった。猫を抱いた組長らしき吉村は、事務所に据えた高級金庫を、吉村自身にも開けられないようにして欲しいと意外な依頼を圭介にする。

 どんな鍵でも開けてしまう圭介と鍵について悩む依頼者が織りなす連作人情小説集。(ポプラ社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る