「開ける男 鍵屋・圭介の解けない日常」本田久作著

公開日:  更新日:

 36歳の圭介は、鍵屋「岩谷フーディーニ商会」のただ一人の従業員。店舗兼住居で、憧れの唄子さんの娘・レミと息子・空とともに暮らしている。空は気に入らないことがあるとすぐにトイレに引きこもるため、そのたびに圭介はレミに頼まれトイレを開けなくてはならない。

 いつものようにトイレを巡り大騒ぎしていると、黒ずくめのスーツ男が店を訪ねてきた。男に連れられ、圭介がやってきたのは見るからにヤクザの事務所だった。猫を抱いた組長らしき吉村は、事務所に据えた高級金庫を、吉村自身にも開けられないようにして欲しいと意外な依頼を圭介にする。

 どんな鍵でも開けてしまう圭介と鍵について悩む依頼者が織りなす連作人情小説集。(ポプラ社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る