「開ける男 鍵屋・圭介の解けない日常」本田久作著

公開日:  更新日:

 36歳の圭介は、鍵屋「岩谷フーディーニ商会」のただ一人の従業員。店舗兼住居で、憧れの唄子さんの娘・レミと息子・空とともに暮らしている。空は気に入らないことがあるとすぐにトイレに引きこもるため、そのたびに圭介はレミに頼まれトイレを開けなくてはならない。

 いつものようにトイレを巡り大騒ぎしていると、黒ずくめのスーツ男が店を訪ねてきた。男に連れられ、圭介がやってきたのは見るからにヤクザの事務所だった。猫を抱いた組長らしき吉村は、事務所に据えた高級金庫を、吉村自身にも開けられないようにして欲しいと意外な依頼を圭介にする。

 どんな鍵でも開けてしまう圭介と鍵について悩む依頼者が織りなす連作人情小説集。(ポプラ社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る