「今こそ『奨学金』の本当の話をしよう。」本山勝寛著

公開日:  更新日:

 極貧家庭で育った著者は、奨学金と授業料免除制度を利用して東大進学とハーバード教育大学院への留学を実現。その体験から、昨今の奨学金の負の面だけを強調する報道に強い懸念を抱くという。本書は、そうした危機感から、学生の約半数が利用している日本の奨学金制度の現状と社会問題化した背景を分析する。

 2016年度現在、延滞者は33.5万人。数字上は20年間で倍増したことになるが、その間に貸与者そのものが約3.5倍に増加しており、延滞者や延滞額の比率はむしろ減っていると指摘。導入予定の給付型奨学金などの課題などにも触れながら、奨学金を控除する奨学金減税の導入など、教育格差をなくすための方途を具体的に提言する。

(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る