• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「今こそ『奨学金』の本当の話をしよう。」本山勝寛著

 極貧家庭で育った著者は、奨学金と授業料免除制度を利用して東大進学とハーバード教育大学院への留学を実現。その体験から、昨今の奨学金の負の面だけを強調する報道に強い懸念を抱くという。本書は、そうした危機感から、学生の約半数が利用している日本の奨学金制度の現状と社会問題化した背景を分析する。

 2016年度現在、延滞者は33.5万人。数字上は20年間で倍増したことになるが、その間に貸与者そのものが約3.5倍に増加しており、延滞者や延滞額の比率はむしろ減っていると指摘。導入予定の給付型奨学金などの課題などにも触れながら、奨学金を控除する奨学金減税の導入など、教育格差をなくすための方途を具体的に提言する。

(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る