「今こそ『奨学金』の本当の話をしよう。」本山勝寛著

公開日:  更新日:

 極貧家庭で育った著者は、奨学金と授業料免除制度を利用して東大進学とハーバード教育大学院への留学を実現。その体験から、昨今の奨学金の負の面だけを強調する報道に強い懸念を抱くという。本書は、そうした危機感から、学生の約半数が利用している日本の奨学金制度の現状と社会問題化した背景を分析する。

 2016年度現在、延滞者は33.5万人。数字上は20年間で倍増したことになるが、その間に貸与者そのものが約3.5倍に増加しており、延滞者や延滞額の比率はむしろ減っていると指摘。導入予定の給付型奨学金などの課題などにも触れながら、奨学金を控除する奨学金減税の導入など、教育格差をなくすための方途を具体的に提言する。

(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る