「教養としての10年代アニメ反逆編」町口哲生著

公開日:  更新日:

 現代アニメを読み解く近畿大学人気講義の書籍化第2弾。

 アニメの原作となるマンガやゲーム、ラノベに遡ったり、アニメを原作とする実写映画を論じるなど、アニメを結節点=結び目として、ポップカルチャーの全体像を把握していく。まずは2010~11年にテレビ放映された「STAR DRIVER 輝きのタクト」を取り上げる。アニメ界最強のコンビ、五十嵐卓哉氏と榎戸洋司氏が監督と脚本を担当したこの作品は、ロボットアニメの歴史を刷新したと称賛。その上で哲学や民俗学、精神分析学といった学問を駆使して、演出上の美学などを分析していく。

 その他、BLや疑似家族などをキーワードに「輪るピングドラム」や「ラブライブ!」など全7作品のアニメを論じる。(ポプラ社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る