「友達以上探偵未満」麻耶雄嵩著

公開日: 更新日:

 三重県立伊賀野高校放送部の伊賀ももと上野あおは、部長命令で伊賀の里ミステリーツアーの取材に。松尾芭蕉の生誕地である伊賀市の名所をクイズ形式で巡る企画で、俳句好きが芭蕉や忍者の扮装をして集まった。

 ところが1日目、時雨が降った後、会場の上野公園内の俳聖殿に参加者の茅町一郎の絞殺死体が。死体の下に蓑があったことから、ももは芭蕉の「初時雨猿も小蓑をほしげなり」の見立て殺人ではないかと考える。翌朝、今度は広小路愛希がホテルの浴室で絞殺され、傍らにカエルの置物が……。「古池や蛙飛び込む水の音」の見立てか?(「伊賀の里殺人事件」)

 女子高生2人の推理合戦3編。(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  9. 9

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  10. 10

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る