「友達以上探偵未満」麻耶雄嵩著

公開日:  更新日:

 三重県立伊賀野高校放送部の伊賀ももと上野あおは、部長命令で伊賀の里ミステリーツアーの取材に。松尾芭蕉の生誕地である伊賀市の名所をクイズ形式で巡る企画で、俳句好きが芭蕉や忍者の扮装をして集まった。

 ところが1日目、時雨が降った後、会場の上野公園内の俳聖殿に参加者の茅町一郎の絞殺死体が。死体の下に蓑があったことから、ももは芭蕉の「初時雨猿も小蓑をほしげなり」の見立て殺人ではないかと考える。翌朝、今度は広小路愛希がホテルの浴室で絞殺され、傍らにカエルの置物が……。「古池や蛙飛び込む水の音」の見立てか?(「伊賀の里殺人事件」)

 女子高生2人の推理合戦3編。(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る