「触法少女 誘悪」ヒキタクニオ著

公開日:  更新日:

 自分を虐待した母親を殺害した九子は、1年10月で女子少年院を仮退院する。退院当日、面会に現れた警視庁捜査1課の女刑事・朝霧から、九子に心酔していた里実が1年前に自殺したことを告げられる。朝霧によると、事件後、矯正施設に送られなかった里実は、ネットリンチに遭い、自死に追い込まれたらしい。さらにネットでは九子の話題で大騒ぎになっているらしい。

 少年院の前には、九子を迎えるため、養護施設の園長・佐伯とともに大勢の人間が集まっていた。年齢も職業もさまざまな彼らは、九子を支援するサイトに集まった有志だという。

 ネットにうごめく悪意に立ち向かいながら里実の死の真相に迫る九子を描く長編ミステリー。

 (徳間書店 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る