「触法少女 誘悪」ヒキタクニオ著

公開日:  更新日:

 自分を虐待した母親を殺害した九子は、1年10月で女子少年院を仮退院する。退院当日、面会に現れた警視庁捜査1課の女刑事・朝霧から、九子に心酔していた里実が1年前に自殺したことを告げられる。朝霧によると、事件後、矯正施設に送られなかった里実は、ネットリンチに遭い、自死に追い込まれたらしい。さらにネットでは九子の話題で大騒ぎになっているらしい。

 少年院の前には、九子を迎えるため、養護施設の園長・佐伯とともに大勢の人間が集まっていた。年齢も職業もさまざまな彼らは、九子を支援するサイトに集まった有志だという。

 ネットにうごめく悪意に立ち向かいながら里実の死の真相に迫る九子を描く長編ミステリー。

 (徳間書店 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る