「やってはいけないキケンな相続」税理士法人レガシィ著

公開日: 更新日:

 相続税法改正後、間違った相続対策によって資産を減らしたり、家族関係が悪化するなどのトラブルが増えているという。本書は、税理士集団が正しい対策法を伝授してくれるマネーテキスト。

 最近、急増しているのは、亡くなった人(被相続人)に生前、認知症の疑いがあったために、遺産分割で揉めるケース。認知症と判定された場合は、本人は契約などの法律行為ができない。しかし、不動産売買などの場合、司法書士が意思能力があると判断すれば実務上は手続きができてしまうという。このように認知症には明確な基準が存在しないために、相続の際にも判定をめぐってトラブルが発生するケースが多いそうだ。

 生前贈与や遺言など、最新情報を踏まえ、正しい相続対策を公開。(KADOKAWA 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る