「やってはいけないキケンな相続」税理士法人レガシィ著

公開日: 更新日:

 相続税法改正後、間違った相続対策によって資産を減らしたり、家族関係が悪化するなどのトラブルが増えているという。本書は、税理士集団が正しい対策法を伝授してくれるマネーテキスト。

 最近、急増しているのは、亡くなった人(被相続人)に生前、認知症の疑いがあったために、遺産分割で揉めるケース。認知症と判定された場合は、本人は契約などの法律行為ができない。しかし、不動産売買などの場合、司法書士が意思能力があると判断すれば実務上は手続きができてしまうという。このように認知症には明確な基準が存在しないために、相続の際にも判定をめぐってトラブルが発生するケースが多いそうだ。

 生前贈与や遺言など、最新情報を踏まえ、正しい相続対策を公開。(KADOKAWA 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード