「妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策」佐野明彦著

公開日: 更新日:

 隠しごとによって、死後に悲劇を招かぬための相続手引書。

 隠しごとの中でも影響が大きいのが女性問題。愛人などの存在が明らかになれば遺族にダメージとなるだけでなく、お小遣いのための隠し口座や愛人を住まわせるための隠し不動産、そして隠し子問題へとつながっていくからだ。贈与税を払うことなくマンションの所有権を愛人に移転する方法など、愛人がいる場合の相続対策を具体的に解説。さらに家族に伝えていない借金を抱えている場合や、会社発足時の名義貸しなどによって自社株の一部が「他人名義」になっている場合の相続対策など。さまざまなトラブル事例を紹介しながら、死後に憂いを残さぬための対策を伝授。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る

人気キーワード