「妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策」佐野明彦著

公開日: 更新日:

 隠しごとによって、死後に悲劇を招かぬための相続手引書。

 隠しごとの中でも影響が大きいのが女性問題。愛人などの存在が明らかになれば遺族にダメージとなるだけでなく、お小遣いのための隠し口座や愛人を住まわせるための隠し不動産、そして隠し子問題へとつながっていくからだ。贈与税を払うことなくマンションの所有権を愛人に移転する方法など、愛人がいる場合の相続対策を具体的に解説。さらに家族に伝えていない借金を抱えている場合や、会社発足時の名義貸しなどによって自社株の一部が「他人名義」になっている場合の相続対策など。さまざまなトラブル事例を紹介しながら、死後に憂いを残さぬための対策を伝授。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る