「おなかのカビが病気の原因だった」内山葉子著

公開日:  更新日:

 慢性的な便秘や下痢、皮膚トラブル、呼吸器疾患など、原因不明の不調に悩まされている人は、腸内にカビが増殖している可能性があると、医師である著者は警告する。

 カビといえばすぐに思い浮かべるのが、風呂場や台所に発生する黒カビや白カビ。そんなものが体の中で発生するのだろうか。実は、本書で言うカビとは「真菌」のことで、ウイルスや細菌よりも大きく複雑な構造を持ち、ツタが這うように食い込みながら増殖する。

 そして、人間の体内で悪さをするカビの仲間とは主に「カンジダ類」で、腸内で増殖すると免疫細胞を攻撃するグリオトキシンなどの有害物質が発生し、免疫力が低下してさまざまな不調の原因になるという。

 健康な人の腸内を調べてみても、約1%程度のカビが見つかるという。しかし、その活動は他の細菌によって抑えられている。ところが、間違った生活習慣次第で途端に増殖して牙を剥く。おなかのカビを増やす原因でとくに問題なのが、抗生物質の使い過ぎ。抗生物質は細菌を激減させる一方、真菌には効果がない。結果、カビの働きを抑えられなくなり、増殖を招くことになる。

 カビのエサとなる甘いものや炭水化物の取り過ぎにも要注意だという。長引く不調があるなら、体内のカビ退治を考えてみては。(マキノ出版 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る