• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝1杯の水でゴースト血管を防ぐ

「“見えない病”の治し方」根来秀行著

 著者が客員教授を務めるハーバード大学医学部とその関連病院では、近年「ビヘイビオラルヘルスケア(behavioral health care)」が医療のキーワードになっているという。これは、患者の普段の行動に着目し、健全な行動に導くことで健康を取り戻すという考え。本書では、疲れやすい、熟睡できない、年に何度も風邪をひくなどの不調を、行動を変えることで改善していく方法を解説している。

 世界の先端医療では、健康長寿のためには「毛細血管」「ホルモン」「自律神経」「体内時計」という4つの要素を正常に働かせることが不可欠であると考えられている。例えば、体の隅々にまで免疫細胞を運び病原菌の侵入や炎症を阻止するためには、毛細血管が健康でなくてはならない。

 しかし、血流が低下した状態が続くと毛細血管は次第に劣化し、役割を果たさなくなる“ゴースト血管”となってしまうという。これを食い止めるためには、体内時計を正常に動かして自律神経を整え、ホルモンの分泌を活性化する生活習慣を心がけることが重要だ。

 朝起きたらカーテンを開けて光を浴び、コップ1杯の水を飲む。これだけでも、体内時計はリセットされて正常化し、老廃物の排出が促されて血流が促進される。起床してから1時間以内に朝食を取ることもお勧めだ。胃腸が動き出すことで、体内時計と連動して全身の機能が活性化される。毎日決まった時間に食事を取るのも有効だ。

 行動習慣を少し変えるだけで、長引く不調が改善されるかもしれない。

 (清流出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る