朝1杯の水でゴースト血管を防ぐ

公開日:  更新日:

「“見えない病”の治し方」根来秀行著

 著者が客員教授を務めるハーバード大学医学部とその関連病院では、近年「ビヘイビオラルヘルスケア(behavioral health care)」が医療のキーワードになっているという。これは、患者の普段の行動に着目し、健全な行動に導くことで健康を取り戻すという考え。本書では、疲れやすい、熟睡できない、年に何度も風邪をひくなどの不調を、行動を変えることで改善していく方法を解説している。

 世界の先端医療では、健康長寿のためには「毛細血管」「ホルモン」「自律神経」「体内時計」という4つの要素を正常に働かせることが不可欠であると考えられている。例えば、体の隅々にまで免疫細胞を運び病原菌の侵入や炎症を阻止するためには、毛細血管が健康でなくてはならない。

 しかし、血流が低下した状態が続くと毛細血管は次第に劣化し、役割を果たさなくなる“ゴースト血管”となってしまうという。これを食い止めるためには、体内時計を正常に動かして自律神経を整え、ホルモンの分泌を活性化する生活習慣を心がけることが重要だ。

 朝起きたらカーテンを開けて光を浴び、コップ1杯の水を飲む。これだけでも、体内時計はリセットされて正常化し、老廃物の排出が促されて血流が促進される。起床してから1時間以内に朝食を取ることもお勧めだ。胃腸が動き出すことで、体内時計と連動して全身の機能が活性化される。毎日決まった時間に食事を取るのも有効だ。

 行動習慣を少し変えるだけで、長引く不調が改善されるかもしれない。

 (清流出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る