「わが輩は保守本流である」平野貞夫著

公開日: 更新日:

 衆議院事務局の職員、そして参議院議員として長く政治の世界に携わってきた著者による政治講義録。

 冒頭で、近年の自民党政治が弱肉強食の格差社会をつくり、戦前回帰の戦争国家をつくったと批判。かくして安倍政治が行き着いたのが、現在進行中の森友・加計問題が象徴するような国家権力の私物化や、統治行為の正当性を踏みにじった議会民主主義の破壊だと怒りをあらわに記す。その上で、日本では誤解されがちな「保守」とは何かを論じる。

 戦後日本の議会政治が段階的に劣化してきた状況を振り返りながら、憲法9条問題や政権交代のための野党協力の必要性などにも言及。豊富なエピソードと共に現在進行形の政治の表裏を解説してくれる政治テキスト。(五月書房新社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る