• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「わが輩は保守本流である」平野貞夫著

 衆議院事務局の職員、そして参議院議員として長く政治の世界に携わってきた著者による政治講義録。

 冒頭で、近年の自民党政治が弱肉強食の格差社会をつくり、戦前回帰の戦争国家をつくったと批判。かくして安倍政治が行き着いたのが、現在進行中の森友・加計問題が象徴するような国家権力の私物化や、統治行為の正当性を踏みにじった議会民主主義の破壊だと怒りをあらわに記す。その上で、日本では誤解されがちな「保守」とは何かを論じる。

 戦後日本の議会政治が段階的に劣化してきた状況を振り返りながら、憲法9条問題や政権交代のための野党協力の必要性などにも言及。豊富なエピソードと共に現在進行形の政治の表裏を解説してくれる政治テキスト。(五月書房新社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る