「わが輩は保守本流である」平野貞夫著

公開日:  更新日:

 衆議院事務局の職員、そして参議院議員として長く政治の世界に携わってきた著者による政治講義録。

 冒頭で、近年の自民党政治が弱肉強食の格差社会をつくり、戦前回帰の戦争国家をつくったと批判。かくして安倍政治が行き着いたのが、現在進行中の森友・加計問題が象徴するような国家権力の私物化や、統治行為の正当性を踏みにじった議会民主主義の破壊だと怒りをあらわに記す。その上で、日本では誤解されがちな「保守」とは何かを論じる。

 戦後日本の議会政治が段階的に劣化してきた状況を振り返りながら、憲法9条問題や政権交代のための野党協力の必要性などにも言及。豊富なエピソードと共に現在進行形の政治の表裏を解説してくれる政治テキスト。(五月書房新社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る