「わが輩は保守本流である」平野貞夫著

公開日: 更新日:

 衆議院事務局の職員、そして参議院議員として長く政治の世界に携わってきた著者による政治講義録。

 冒頭で、近年の自民党政治が弱肉強食の格差社会をつくり、戦前回帰の戦争国家をつくったと批判。かくして安倍政治が行き着いたのが、現在進行中の森友・加計問題が象徴するような国家権力の私物化や、統治行為の正当性を踏みにじった議会民主主義の破壊だと怒りをあらわに記す。その上で、日本では誤解されがちな「保守」とは何かを論じる。

 戦後日本の議会政治が段階的に劣化してきた状況を振り返りながら、憲法9条問題や政権交代のための野党協力の必要性などにも言及。豊富なエピソードと共に現在進行形の政治の表裏を解説してくれる政治テキスト。(五月書房新社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る