電気自動車の普及で日本の自動車産業がピンチに!?

公開日: 更新日:

 昨年4月、アメリカの電気自動車(EV)ベンチャーであるテスラ社の株式時価総額が、ゼネラルモーターズを超えたという衝撃のニュースが伝えられた。風間智英著「EVシフト」(東洋経済新報社 1600円+税)では、急速に進む自動車の電動化と世界の動きを徹底リポートしている。

 1997年、市販車として世界初となるハイブリッド車(HEV)、トヨタのプリウスが販売され、世界の電動車市場の形成が始まった。一方、欧州ではHEVにネガティブキャンペーンを展開しながら、ガソリン車よりも燃費のよいディーゼル車を押し出していたこともあり、電動車市場の立ち上がりは遅かった。

 ところが、2015年に発覚したフォルクスワーゲンの“排ガス不正”を機にEVの導入が急激に拡大。2016年には、ドイツの連邦参議院で「2030年までに内燃機関を搭載する車の販売を禁止する」という政策方針まで通過し、フランスやイギリスでも同様の方針が発表されている。

 さらに怖いのが、中国の動きだ。2017年、中国でも欧州同様の政策の検討が発表された。中国は自動車の世界最大市場であり、世界の自動車メーカーは中国政府の政策を無視できない。大気汚染の改善と自動車産業の振興を目的として、補助金をはじめとするEV普及政策も進んでいる。政府主導によるEVシフトが世界各国で活発化し、電動車市場における日本包囲網の形成が始まっていると本書。

 部品点数の多い従来の自動車開発には「すり合わせ」が不可欠で、日本の競争力の源泉でもあった。しかし、エンジンがなくなるEVでは日本の強みが低下する恐れもある。今後の自動車産業の勢力図を知るための必読の書だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る