「新・冒険論」角幡唯介著

公開日: 更新日:

 人跡未踏のチベット・ツアンポー峡谷踏破や、闇の北極圏を歩き続ける80日間の極夜行など数々の冒険を果たしてきた著者による冒険論。

 冒険という行動様式は本能レベルで組み込まれた人類の宿業のようなもので、文明や社会を動かす力でもあった。しかし、現代において冒険と称されるものは、野外フィールドで肉体の優劣を競うだけの体力自慢による疑似冒険的スポーツがほとんどだと喝破。当事者は冒険をしているつもりなのにそれが冒険になっていないうえに、本人がそのことに気づいていないという皮肉な時代だという。北極海横断のナンセンや北極点到達のピアリーらの冒険、さらに自らの体験を語りながら、冒険とはシステムの外側に飛び出す行為であると、冒険の本質に迫る。 (集英社インターナショナル 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る