「新・冒険論」角幡唯介著

公開日:  更新日:

 人跡未踏のチベット・ツアンポー峡谷踏破や、闇の北極圏を歩き続ける80日間の極夜行など数々の冒険を果たしてきた著者による冒険論。

 冒険という行動様式は本能レベルで組み込まれた人類の宿業のようなもので、文明や社会を動かす力でもあった。しかし、現代において冒険と称されるものは、野外フィールドで肉体の優劣を競うだけの体力自慢による疑似冒険的スポーツがほとんどだと喝破。当事者は冒険をしているつもりなのにそれが冒険になっていないうえに、本人がそのことに気づいていないという皮肉な時代だという。北極海横断のナンセンや北極点到達のピアリーらの冒険、さらに自らの体験を語りながら、冒険とはシステムの外側に飛び出す行為であると、冒険の本質に迫る。 (集英社インターナショナル 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る