「新・冒険論」角幡唯介著

公開日: 更新日:

 人跡未踏のチベット・ツアンポー峡谷踏破や、闇の北極圏を歩き続ける80日間の極夜行など数々の冒険を果たしてきた著者による冒険論。

 冒険という行動様式は本能レベルで組み込まれた人類の宿業のようなもので、文明や社会を動かす力でもあった。しかし、現代において冒険と称されるものは、野外フィールドで肉体の優劣を競うだけの体力自慢による疑似冒険的スポーツがほとんどだと喝破。当事者は冒険をしているつもりなのにそれが冒険になっていないうえに、本人がそのことに気づいていないという皮肉な時代だという。北極海横断のナンセンや北極点到達のピアリーらの冒険、さらに自らの体験を語りながら、冒険とはシステムの外側に飛び出す行為であると、冒険の本質に迫る。 (集英社インターナショナル 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る