「知の果てへの旅」マーカス・デュ・ソートイ著 冨永星訳

公開日: 更新日:

 20世紀初め、当代随一の科学者・ケルビン卿は「もはや物理学が発見すべきものは何もない」と宣言。その5年後、アインシュタインが特殊相対性理論に関する論文を発表し量子物理学という新しい領域を開く。

 このように、それまで知り得ないと思われたことが新たな発見・洞察によって突然知り得るものに変わることがある。では、どんなに探究しても決して答えが得られない問いが、はたして存在するのか。

 本書は「素数の音楽」の著者が、知がどんなに発展しようと答えられない領域=知の果てを巡って探究していく、知的冒険の書である。

 冒険の始まりはサイコロ。サイコロの1から6までの目の出方をピタリと当てることができるのか。

 この古代からの難問を入り口に、カオス理論、素粒子論へと分け入り、そこからビッグバンの前の時間へと論を進め、そもそも「時間」というのは実在するのかと問いかけていく。

 物理学・数学の用語が出てくるので歯応えたっぷりだが、著者の良き導きによって、専門外でも現代科学の最前線を垣間見ることができる。(新潮社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る