「公家武者 信平 消えた狐丸」佐々木裕一著

公開日:  更新日:

 公家の鷹司家に庶子として生まれた信平は、3代将軍家光の正室になっていた姉の孝子を頼って江戸に下り、武家となった。あまたの悪人を退治してきた信平は、50石の旗本から出世して1400石の領地を賜るようになり、徳川御三家の頼宣の娘・松姫を妻に迎えた。

 3年前、宿敵・神宮路とその一味を倒し、江戸を戦火から救った信平は、妻子とともに平穏な日々を送っていた。そんなある日、信平は訪ねてきた元老中・阿部忠秋から剣客を狙う辻斬りが江戸市中に出没していると耳にする。そんな矢先、武家になるときに父から譲られた宝刀「狐丸」が屋敷からこつ然と消えてしまう。

 公家大名として知られる実在の松平信平を主人公にした人気時代小説の新シリーズ。(講談社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る