「公家武者 信平 消えた狐丸」佐々木裕一著

公開日: 更新日:

 公家の鷹司家に庶子として生まれた信平は、3代将軍家光の正室になっていた姉の孝子を頼って江戸に下り、武家となった。あまたの悪人を退治してきた信平は、50石の旗本から出世して1400石の領地を賜るようになり、徳川御三家の頼宣の娘・松姫を妻に迎えた。

 3年前、宿敵・神宮路とその一味を倒し、江戸を戦火から救った信平は、妻子とともに平穏な日々を送っていた。そんなある日、信平は訪ねてきた元老中・阿部忠秋から剣客を狙う辻斬りが江戸市中に出没していると耳にする。そんな矢先、武家になるときに父から譲られた宝刀「狐丸」が屋敷からこつ然と消えてしまう。

 公家大名として知られる実在の松平信平を主人公にした人気時代小説の新シリーズ。(講談社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る