• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一身二生」太田俊明著

 伊能忠敬は九十九里の裕福な網元の三男として生まれた。家業の傍ら学問にも励み、特に星を見るのが好きだった彼は星の動きがそれぞれ少しずつ違っていることに気づき暦に興味を持つ。

 長じて、好縁が舞い込む。佐原の豪農で名主でもある伊能家からの婿養子の話だ。ただし、暦学を捨てることが条件。

 伊能家に入った忠敬は家業に励み、また決壊を繰り返す堤防を再構築したり、新田開発に着手するなどして家をもり立てた。そして40を過ぎたころ隠居を願い出る。江戸に出て暦学を再び学ぼうとしたのだ。縁あって幕府御用の高橋至時に師事し、蝦夷の測量を、そして日本全国の地図の作製にその後の生涯を捧げることになる。運命に従いながらも志を捨てなかった稀有な人生を歩んだ男を描いた時代小説。 (日本経済新聞出版社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る