「爆身」大沢在昌著

公開日: 更新日:

 通称キリと呼ばれるボディーガードのもとに、ニュージーランド在住のトマス・リーなる人物から、日本滞在中の警護依頼のメールが届いた。フィッシングガイドをしているというリーが、なぜ大手警備会社ではなく、自分に警護を依頼したのか。

 さらに、一体誰に狙われているというのか。疑問に思ったキリは、とりあえず依頼人から話を聞くため、来日後の宿泊先となっているホテルのレストランに打ち合わせに向かう。

 ところが、キリが到着直後、ホテル内で爆発のようなものがあり、依頼人が爆死してしまったことを知る。火薬のにおいもせず、被害者はリーひとりだけだった。事故なのか、殺人なのか。フィクサー・睦月の依頼で、キリは事件の真相を調べ始めるのだが……。

 本書は、前作「獣眼」に続く、“ボディーガード・キリ”シリーズの最新作。キリのもとに舞い込んだ依頼人リーの爆死という事件を巡って、呪い殺されることを恐れていたというリーの正体や、リーを襲った呪術のからくりが徐々に明らかにされていく。呪術で果たして人体発火は可能なのか。

 主人公のクールな洞察が光るハードボイルド小説。

(徳間書店 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  6. 6

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  7. 7

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

  8. 8

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る