「爆身」大沢在昌著

公開日:  更新日:

 通称キリと呼ばれるボディーガードのもとに、ニュージーランド在住のトマス・リーなる人物から、日本滞在中の警護依頼のメールが届いた。フィッシングガイドをしているというリーが、なぜ大手警備会社ではなく、自分に警護を依頼したのか。

 さらに、一体誰に狙われているというのか。疑問に思ったキリは、とりあえず依頼人から話を聞くため、来日後の宿泊先となっているホテルのレストランに打ち合わせに向かう。

 ところが、キリが到着直後、ホテル内で爆発のようなものがあり、依頼人が爆死してしまったことを知る。火薬のにおいもせず、被害者はリーひとりだけだった。事故なのか、殺人なのか。フィクサー・睦月の依頼で、キリは事件の真相を調べ始めるのだが……。

 本書は、前作「獣眼」に続く、“ボディーガード・キリ”シリーズの最新作。キリのもとに舞い込んだ依頼人リーの爆死という事件を巡って、呪い殺されることを恐れていたというリーの正体や、リーを襲った呪術のからくりが徐々に明らかにされていく。呪術で果たして人体発火は可能なのか。

 主人公のクールな洞察が光るハードボイルド小説。

(徳間書店 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  9. 9

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  10. 10

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

もっと見る