「わたし、定時で帰ります。」朱野帰子著

公開日:  更新日:

 東山結衣はウェブサイトの制作やコンサルタントを業務とする社員300人の中堅企業に勤める32歳。彼女の信条は、どんなに仕事が忙しくても残業せずに定時で帰ること。ところが2年前まで付き合っていた晃太郎は真逆の超仕事人間。結婚に向けての両家顔合わせの日も徹夜仕事ですっぽかされ、愛想を尽かした。

 その晃太郎が結衣の会社に転職し、同じチームに配属された。しかも新しく上司に就いたのは、社員に過酷な労働を強いて倒産に追い込んだ福永。晃太郎のいた会社の元社長だ。案の定、福永は通常業務ではとてもこなせない案件を強引に引き受けてしまう。

 無理を押しつける福永に対抗して、チーム全員を定時で帰らせようと策略をめぐらす結衣。対して、元社長の意向をなんとかかなえてやろうと休日はもちろん、寝る間も惜しんで任務を遂行しようとする晃太郎――。

 正反対の結衣と晃太郎というカップルを通して、大きな問題となっている長時間労働問題の本質に迫っていく。思わずそうだと膝を打つような「会社あるある」も満載。新スタイルのお仕事小説。 (新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る