「わたし、定時で帰ります。」朱野帰子著

公開日: 更新日:

 東山結衣はウェブサイトの制作やコンサルタントを業務とする社員300人の中堅企業に勤める32歳。彼女の信条は、どんなに仕事が忙しくても残業せずに定時で帰ること。ところが2年前まで付き合っていた晃太郎は真逆の超仕事人間。結婚に向けての両家顔合わせの日も徹夜仕事ですっぽかされ、愛想を尽かした。

 その晃太郎が結衣の会社に転職し、同じチームに配属された。しかも新しく上司に就いたのは、社員に過酷な労働を強いて倒産に追い込んだ福永。晃太郎のいた会社の元社長だ。案の定、福永は通常業務ではとてもこなせない案件を強引に引き受けてしまう。

 無理を押しつける福永に対抗して、チーム全員を定時で帰らせようと策略をめぐらす結衣。対して、元社長の意向をなんとかかなえてやろうと休日はもちろん、寝る間も惜しんで任務を遂行しようとする晃太郎――。

 正反対の結衣と晃太郎というカップルを通して、大きな問題となっている長時間労働問題の本質に迫っていく。思わずそうだと膝を打つような「会社あるある」も満載。新スタイルのお仕事小説。 (新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る

人気キーワード