「彼女がエスパーだったころ」宮内悠介著

公開日: 更新日:

 千晴は、取材で訪ねた「わたし」が持参したスプーンをたちまち小さな龍のオブジェに変形させてみせた。彼女がスプーンが曲がることに気づいたのは5歳のときだったという。彼女が注目を集めたのは、就職後にストレスからうつ病になり、大量のスプーンを曲げては放る動画をウェブに公開したことがきっかけだった。

 エスパー界のゆるキャラとなった千晴自身は、超能力があるともないとも公言を避けていた。結婚相手の物理学者・秋槻が転落死した後、千晴は毀誉褒貶の日々を過ごしていた。わたしは彼女の上司や母親へも取材を続ける。(表題作)

 火の扱いを覚えた猿による放火事件をテーマにした「百匹目の猿」など、SFとミステリーが融合した短編作品集。

(講談社 610円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る