「黙過」下村敦史著

公開日:  更新日:

 冒頭の短編「優先順位」は、臓器移植の優先順位がテーマ。ひき逃げ事故で肝臓移植を待つ患者を慕う幼馴染みの女性、そして患者を臓器移植の提供者として望む進藤准教授と、医科大学で女性初の教授を目指す都准教授とのそれぞれの思惑に挟まれ、主人公の倉敷医師は苦悩するが、ラストには表題の「黙過」に通じる意外な顛末が待っている。

 ほかに、元厚労官僚がパーキンソン病を偽っているのではないかという疑惑が中心の話「詐病」、ある養豚業者の畜舎から子豚が盗まれるという事件に絡み、命の重さを問う「命の天秤」、臓器移植したものの助からなかった娘の父親で助成金を扱う部署にいた男に対する疑惑を描いた「不正疑惑」。

 さらに前4話をベースに異種移植の是非を問う「究極の選択」の5話構成で、臓器移植の諸問題を描く連作小説集である。

 (徳間書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る