「黙過」下村敦史著

公開日:  更新日:

 冒頭の短編「優先順位」は、臓器移植の優先順位がテーマ。ひき逃げ事故で肝臓移植を待つ患者を慕う幼馴染みの女性、そして患者を臓器移植の提供者として望む進藤准教授と、医科大学で女性初の教授を目指す都准教授とのそれぞれの思惑に挟まれ、主人公の倉敷医師は苦悩するが、ラストには表題の「黙過」に通じる意外な顛末が待っている。

 ほかに、元厚労官僚がパーキンソン病を偽っているのではないかという疑惑が中心の話「詐病」、ある養豚業者の畜舎から子豚が盗まれるという事件に絡み、命の重さを問う「命の天秤」、臓器移植したものの助からなかった娘の父親で助成金を扱う部署にいた男に対する疑惑を描いた「不正疑惑」。

 さらに前4話をベースに異種移植の是非を問う「究極の選択」の5話構成で、臓器移植の諸問題を描く連作小説集である。

 (徳間書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る