「移植医たち」谷村志穂著

公開日:

 1984年秋、臓器移植の最先端を担うドクター・セイゲルが来日し、講演を行った。聴講者の中に3人の医師がいた。

 久南大の佐竹山行蔵は肝臓がん患者を前になす術もない己の無力さを痛感し、移植医療に希望を見いだそうとしていた。

 仙台の個人病院の小児科医・加藤凌子は、16年前、日本で初めて心臓移植を行った医師の娘で、マスコミの攻勢にさらされた父の行った医療が果たして正当だったのか、それを確かめたいと思っていた。

 京都慶明大の研修医・古賀淳一は、これといった大義はなく、ただ移植医療の可能性に好奇心を刺激されていた。

 3人は共に米ピッツバーグ大学のセイゲルのもとで移植医療を学んだ後、日本初の移植専門外科を立ち上げるのだが、そこに旧態依然たる日本の医療界が大きく立ちはだかる。

 先日亡くなった“移植医療の父”トーマス・スターツルのもとで学んだ実在の日本人医師たちをモデルに、知られざる先端医療の現場と移植医たちの苦悩や葛藤をリアルに描いた、傑作長編。

(新潮社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る