「移植医たち」谷村志穂著

公開日: 更新日:

 1984年秋、臓器移植の最先端を担うドクター・セイゲルが来日し、講演を行った。聴講者の中に3人の医師がいた。

 久南大の佐竹山行蔵は肝臓がん患者を前になす術もない己の無力さを痛感し、移植医療に希望を見いだそうとしていた。

 仙台の個人病院の小児科医・加藤凌子は、16年前、日本で初めて心臓移植を行った医師の娘で、マスコミの攻勢にさらされた父の行った医療が果たして正当だったのか、それを確かめたいと思っていた。

 京都慶明大の研修医・古賀淳一は、これといった大義はなく、ただ移植医療の可能性に好奇心を刺激されていた。

 3人は共に米ピッツバーグ大学のセイゲルのもとで移植医療を学んだ後、日本初の移植専門外科を立ち上げるのだが、そこに旧態依然たる日本の医療界が大きく立ちはだかる。

 先日亡くなった“移植医療の父”トーマス・スターツルのもとで学んだ実在の日本人医師たちをモデルに、知られざる先端医療の現場と移植医たちの苦悩や葛藤をリアルに描いた、傑作長編。

(新潮社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード