「悪い夏」染井為人著

公開日:  更新日:

 佐々木守は船岡市役所の生活福祉課で生活保護受給者のもとを回るケースワーカーをしている。もう治っているのに腰痛だといって働かない山田など、くせ者ぞろい。その上、山田の診察をしている医師は、生活保護受給者を利用して高い医療費を請求している悪徳医師だ。ある日、同僚の富田有子が、先輩の高野の悪行に気づき、佐々木を誘って調査を始める。高野はシングルマザーの愛美が風俗店でこっそり働いていることをつかみ、肉体関係を強要していた。それを知ったヤクザの金本は、受給者を利用した裏ビジネスを思いつく。真面目な公務員の佐々木は、いつしか悪のスパイラルに巻き込まれていく。

 横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作。

(KADOKAWA 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る