• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悪い夏」染井為人著

 佐々木守は船岡市役所の生活福祉課で生活保護受給者のもとを回るケースワーカーをしている。もう治っているのに腰痛だといって働かない山田など、くせ者ぞろい。その上、山田の診察をしている医師は、生活保護受給者を利用して高い医療費を請求している悪徳医師だ。ある日、同僚の富田有子が、先輩の高野の悪行に気づき、佐々木を誘って調査を始める。高野はシングルマザーの愛美が風俗店でこっそり働いていることをつかみ、肉体関係を強要していた。それを知ったヤクザの金本は、受給者を利用した裏ビジネスを思いつく。真面目な公務員の佐々木は、いつしか悪のスパイラルに巻き込まれていく。

 横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作。

(KADOKAWA 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る