• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悪い夏」染井為人著

 佐々木守は船岡市役所の生活福祉課で生活保護受給者のもとを回るケースワーカーをしている。もう治っているのに腰痛だといって働かない山田など、くせ者ぞろい。その上、山田の診察をしている医師は、生活保護受給者を利用して高い医療費を請求している悪徳医師だ。ある日、同僚の富田有子が、先輩の高野の悪行に気づき、佐々木を誘って調査を始める。高野はシングルマザーの愛美が風俗店でこっそり働いていることをつかみ、肉体関係を強要していた。それを知ったヤクザの金本は、受給者を利用した裏ビジネスを思いつく。真面目な公務員の佐々木は、いつしか悪のスパイラルに巻き込まれていく。

 横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る