「読書の価値」森博嗣著

公開日: 更新日:

 子供の頃、本を読むのが大の苦手だったという人気作家による読書論。

 氏が読書に開眼したのは、小学校4年。電波について知りたいと思ったのだが、大人に聞いても誰にも答えてもらえず図書館で見つけた本で納得。人類の積み上げてきた知識が本に詰まっていることに気づき、以来、本を読み漁るようになったという。そんな自身の本との出合いを振り返りながら、読んで、その内容を自分のものとして「展開」する行為が本来の読書体験であり、速読などは読書ではないと説く。

 本に出合うことは、人に出会うことと限りなく近い。ゆえに本選びは友達を選ぶ感覚に近く、誰かにすすめられたりしたものではなく、自分で選ぶこと、その選ぶ時間が必要だと、氏の創作を支えてきた読書の極意を明かす。

 (NHK出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る