「読書の価値」森博嗣著

公開日:  更新日:

 子供の頃、本を読むのが大の苦手だったという人気作家による読書論。

 氏が読書に開眼したのは、小学校4年。電波について知りたいと思ったのだが、大人に聞いても誰にも答えてもらえず図書館で見つけた本で納得。人類の積み上げてきた知識が本に詰まっていることに気づき、以来、本を読み漁るようになったという。そんな自身の本との出合いを振り返りながら、読んで、その内容を自分のものとして「展開」する行為が本来の読書体験であり、速読などは読書ではないと説く。

 本に出合うことは、人に出会うことと限りなく近い。ゆえに本選びは友達を選ぶ感覚に近く、誰かにすすめられたりしたものではなく、自分で選ぶこと、その選ぶ時間が必要だと、氏の創作を支えてきた読書の極意を明かす。

 (NHK出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る