「『北の国から』異聞」倉本聰著

公開日:  更新日:

 黒板五郎が大した金も持たずに家出したとき、青函連絡船の中で腹がすいたががまんした。すると、ポケットの中で指先に触れるものがある。たたんだチラシの中に千円札が入っていた。おふくろがこっそり入れておいてくれたと思ったら、涙がビュッと飛び出した。その千円札は使えなかった。クラモト先生も似たような経験をしたという。ところがあるとき、ロケでたき火をしようとしたら火種が湿って火がつかない。すると先生が千円札を出して火をつけた。町では千円札は1000円の価値をもつが、たき火がなかったら凍え死ぬ山の中で千円札は火種にするしか役に立たないと。

 撮影秘話を交え、「北の国から」に登場する黒板五郎に著者自身が架空の独占インタビューをするという異色作。

 (講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る