「『北の国から』異聞」倉本聰著

公開日: 更新日:

 黒板五郎が大した金も持たずに家出したとき、青函連絡船の中で腹がすいたががまんした。すると、ポケットの中で指先に触れるものがある。たたんだチラシの中に千円札が入っていた。おふくろがこっそり入れておいてくれたと思ったら、涙がビュッと飛び出した。その千円札は使えなかった。クラモト先生も似たような経験をしたという。ところがあるとき、ロケでたき火をしようとしたら火種が湿って火がつかない。すると先生が千円札を出して火をつけた。町では千円札は1000円の価値をもつが、たき火がなかったら凍え死ぬ山の中で千円札は火種にするしか役に立たないと。

 撮影秘話を交え、「北の国から」に登場する黒板五郎に著者自身が架空の独占インタビューをするという異色作。

 (講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る