「『北の国から』異聞」倉本聰著

公開日: 更新日:

 黒板五郎が大した金も持たずに家出したとき、青函連絡船の中で腹がすいたががまんした。すると、ポケットの中で指先に触れるものがある。たたんだチラシの中に千円札が入っていた。おふくろがこっそり入れておいてくれたと思ったら、涙がビュッと飛び出した。その千円札は使えなかった。クラモト先生も似たような経験をしたという。ところがあるとき、ロケでたき火をしようとしたら火種が湿って火がつかない。すると先生が千円札を出して火をつけた。町では千円札は1000円の価値をもつが、たき火がなかったら凍え死ぬ山の中で千円札は火種にするしか役に立たないと。

 撮影秘話を交え、「北の国から」に登場する黒板五郎に著者自身が架空の独占インタビューをするという異色作。

 (講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  8. 8

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る