「解死人次郎左」新井政美著

公開日:  更新日:

 主人公は、村はずれに住む浮浪の者・植原次郎左衛門とその息子・三十郎。幼い頃から父と一緒に戦乱の町を逃げまどって生きてきた三十郎は、成長するにつれ、村人たちに腰の低い対応をし続ける父親の姿に疑問を感じるようになっていた。

 しかし、ある日、村と村との争いがきっかけで人質として相手の村に拘束される父親を見て、実は父が元武田家の家臣であり、解死人と呼ばれるもめごとが起きた時の人質要員であることを知る。

 亡くなった母親が庄屋の娘だったことから、母の故郷の村人たちの恩義を受けて差別されながらも生かされてきたのだ。

 そして心優しく学問を愛する父が報われる世の中になってほしいという願いもむなしく、ある日野伏せりの一団が村を襲ってきた……。

「織田信忠―父は信長」の著者による最新作。武士と解死人と庄屋の縁者という3つの身分に翻弄されながら、生き抜く主人公の姿を通して、戦国の世に生きる人々の葛藤や混乱を描いている。

(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る