• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「信長嫌い」天野純希著

 老いた豊臣秀吉は、織田信長の嫡孫である秀信を招いて、祖父に生き写しの顔をまじまじと眺めた。そして突然錯乱し、「お許しくだされ、上様」と叫んだ。秀吉は織田家中で主導権を握るために秀信を利用しながら、権力を握ると、秀信に岐阜城とわずかな捨て扶持を与えただけだった。秀信は秀吉が自分にひれ伏す姿を見て、自分の中に流れる血にはこれほどの力があることに気づいた。秀吉の死後、徳川と前田らの対立を見定めようとしていた秀信の元へ、石田三成が訪れる。(「秀信の憧憬」)

 戦国武将・今川義元や伊賀の上忍、百地丹波ら、信長によって人生を狂わされた7人の男を描く時代小説。(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る