「信長嫌い」天野純希著

公開日:

 老いた豊臣秀吉は、織田信長の嫡孫である秀信を招いて、祖父に生き写しの顔をまじまじと眺めた。そして突然錯乱し、「お許しくだされ、上様」と叫んだ。秀吉は織田家中で主導権を握るために秀信を利用しながら、権力を握ると、秀信に岐阜城とわずかな捨て扶持を与えただけだった。秀信は秀吉が自分にひれ伏す姿を見て、自分の中に流れる血にはこれほどの力があることに気づいた。秀吉の死後、徳川と前田らの対立を見定めようとしていた秀信の元へ、石田三成が訪れる。(「秀信の憧憬」)

 戦国武将・今川義元や伊賀の上忍、百地丹波ら、信長によって人生を狂わされた7人の男を描く時代小説。(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る