「いのちがけ」砂原浩太朗著

公開日: 更新日:

 主人公・村井長頼は戦国武将・前田利家に仕える武士。故あって浪々の身となった主従が松平元康(後の徳川家康)の家中に身を置くところから物語は始まる。

 やがて織田家存亡をかけた桶狭間の戦いの中で初陣を飾った長頼は、権謀術数渦巻く戦国の世を通じて、常に利家に付き従い、幾度となくその危機を救うとともに「いのちがけ」で生きることの意味を悟っていく。すなわち、「いのちがけ」とは立派に死ぬことではなく、真剣に生き抜くことだということを。

 利家の肩越しに、その後の時代を形づくっていく織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの武将の人となりを見つめた、興味深い小説となっている。

(講談社 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る

人気キーワード