「ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと」奥野克巳著

公開日:

 文化人類学者である著者は、ボルネオの狩猟採集民「プナン」の居住地に1年間滞在した。そこで、プナン語には「借りる」「返す」という言葉がないことに気づく。財が個人所有されるという前提がそもそもない。

 狩猟民にとって自然のたまものは共同体のメンバーで共有するものだが、自然の恵みに頼って生きる生活には「死への恐れ」が伴う。農耕を始めることでその「恐れ」はなくなったが、「所有」という概念が生まれた。所有する者は「所有」の奴隷になるリスクがある。「所有欲」のないプナンには格差がないが、個人の向上心や努力もない。

 豊かさ、幸せとは何かを問い直す人類学者のエッセー。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る