「泥濘」黒川博行著

公開日:  更新日:

 表向きは、建築工事や解体土木工事の仲介斡旋をする経営コンサルタント。しかし、その収入の半分以上が、建築現場にうろつくヤクザや企業舎弟を、ヤクザを使って抑えるサバキの仕事で賄う二宮は、関わるたびに酷い目に遭いながらも縁が切れない桑原という極道に毎回悩まされている。

 ある日、ふらりとやって来た桑原は、警察OBが絡んでいるという歯科医の診療報酬詐欺の新聞記事を二宮に見せる。どうやら、今度はこの老人を食い物にする彼らをターゲットに、金を得る魂胆らしい。嫌々ながらも桑原に連れ出された二宮は、老人相手の貧困ビジネスに触手を伸ばしていた白姚会と桑原をつなぐ役目をさせられることになるのだが……。

 本作は、二宮と桑原のコンビが活躍する疫病神シリーズの最新作。今回も、桑原の策略に巻き込まれた二宮。しかし二度と関わらないつもりの桑原にも命の危機が。最悪の状況下で繰り広げられる2人の夫婦漫才のようなやりとりが絶妙だ。

(文藝春秋 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る