• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「泥濘」黒川博行著

 表向きは、建築工事や解体土木工事の仲介斡旋をする経営コンサルタント。しかし、その収入の半分以上が、建築現場にうろつくヤクザや企業舎弟を、ヤクザを使って抑えるサバキの仕事で賄う二宮は、関わるたびに酷い目に遭いながらも縁が切れない桑原という極道に毎回悩まされている。

 ある日、ふらりとやって来た桑原は、警察OBが絡んでいるという歯科医の診療報酬詐欺の新聞記事を二宮に見せる。どうやら、今度はこの老人を食い物にする彼らをターゲットに、金を得る魂胆らしい。嫌々ながらも桑原に連れ出された二宮は、老人相手の貧困ビジネスに触手を伸ばしていた白姚会と桑原をつなぐ役目をさせられることになるのだが……。

 本作は、二宮と桑原のコンビが活躍する疫病神シリーズの最新作。今回も、桑原の策略に巻き込まれた二宮。しかし二度と関わらないつもりの桑原にも命の危機が。最悪の状況下で繰り広げられる2人の夫婦漫才のようなやりとりが絶妙だ。

(文藝春秋 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る